ダムカードを知ってるかい?

ダムカード

こんにちは。

僕は趣味のひとつに山歩きがあります。東京に住んでいるので、行くのはもっぱら奥多摩とか高尾とか丹沢の、いわゆる低山です。

ある日、神奈川県のある山の下山途中で、宮ヶ瀬ダムに立ち寄りました。そこで管理センター的な建物に入った際、カウンターに何やら名刺のようなカードがあることに気がつきました。それがダムカードでした。

ダムカードとは

ダムカード、これは何だろうということで頂いてきたのですが、国土交通省のダムのページにその説明がありました。抜粋すると、

国土交通省と独立行政法人水資源機構の管理するダムでは、ダムのことをより知っていただこうと、平成19年より「ダムカード」を作成し、ダムを訪問した方に配布しています。

(中略)
カードは、国土交通省と水資源機構の管理するダムのほか、一部の都道府県や発電事業者の管理するダムで作成し、ダムの管理事務所やその周辺施設で配布しています。

平成19年から配布してたんですね、今まで知りませんでした。

ダムカード裏面

ダムカードには写真にあるように、ダムの全景はもちろんのこと、いつ造られたかとか貯水量などが記載されていますが、カードのオモテ面に気になる表記があります。

ダムカードの表記

ダムカード

まずカードの右上ですが「FNWP」と、何やらアルファベットが並んでいます。これはダムの目的を表しているそうです。要するに何のために造られたダムなのかを示していて、それぞれ以下のような意味があるそうです。

ダムの目的(※)

  • F:洪水調節
  • N:河川の正常な流量の維持
  • W:上水道
  • I:工業用水
  • A:かんがい
  • P:発電

なので、上の「石小屋ダム」は、洪水調節、河川流量の維持、上水道、発電の4つの目的のために造られたということです。次に右下のアルファベットが一文字ありますが、これはダムの形式を表しています。

ダムの形式(※)

  • G:重力式コンクリートダム
  • HG:中空重力式コンクリートダム
  • A:アーチ式コンクリートダム
  • GA:重力式アーチダム
  • E:アースフィルダム
  • R:ロックフィルダム
  • MB:可動堰

※国土交通省のページより抜粋

「石小屋ダム」は重力式コンクリートダムということなんですね。ダムの種類については以下のサイトが便利です。

名刺大の大きさのカードですが、この2つの記号だけでも、ダムのことをかなり知った気がしませんか?他のダムカードも見てみたいと思うけど、しかし僕はこの2枚しかまだ持っていないのです。

ダムカードはどこで手に入れるのか?

ダムカードを手に入れるには、もちろんダムに行きます。大抵は管理事務所のような建物があるので、そこへ行くと手に入ります。ただし平日しか開いてないところもあるので、土曜日曜にと思うと手に入れられないことがあります。

これも国土交通省のページからですが、「ダムカード配布場所一覧」というのがあるので、興味を持った方はぜひ訪れてみて、ゲットしてみてください。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。