「九品仏アートフェスタ」に行ってきました

九品仏アートフェスタ

こんにちは。

11月13日(日)は世田谷区で行われた「九品仏(くほんぶつ)アートフェスタ」に出かけてきました。毎年11月に世田谷区にある浄真寺(じょうしんじ)の参道にて行われ、ハンドメイド作家さんたちの作品が並ぶイベントです。

九品仏ってどこ?

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

東急大井町線で、自由が丘駅の隣にあるのが九品仏駅です。九品仏は今回のイベントが行われた参道がある浄真寺に9体の阿弥陀如来像があることから「九品仏(くほんぶつ)」と呼ばれるようになったそうです。僕は自由が丘なら何度か行ってますが、九品仏駅に降り立ったのは初めてでした。

面白いのは東急大井町線の各駅停車は5両編成なのですが、九品仏駅はホームが短くて、二子玉川駅寄りの1両はホームに入らず、ドアが開かないという駅なのです。

九品仏アートフェスタ

九品仏アートフェスタは、「九品仏アートフェスタ実行委員会」が主催のイベントで、恐らく商店会の人たちが中心となっているのではと思います。最初にも書きましたが、毎年11月の開催のようです。もともとはフリーマーケットがメインでその一部がハンドメイド作家さんの出店という形だったようだけど、今はハンドメイドオンリーとなっているみたいです。

九品仏アートフェスタ

九品仏駅の改札を出て左へ進むと、すぐに浄真寺の参道があり、イベントはここで行われていました。写真はまだ準備中の時でした。

九品仏アートフェスタ

イベントが始まって進むといろいろなお店がありました。写真のようなキャンドルや、木工のおもちゃ、アクセサリーとか服飾品、食べ物もいくつかありました。

実は僕はこの写真のキャンドルを制作、販売している「como a luz(コモアルース)」さんのお手伝いで、イベントに出かけたというよりは、参加してきた方なのです。

九品仏アートフェスタ

こういう陶器の作品とかも。みなさんご自分で作成して販売しているんですよね。モノは違えどブログでオリジナルの文章を考えている僕は共感してしまいます。

九品仏アートフェスタ

浄真寺へ通じる参道なので、多くの人が商品を見たり買ったりしていましたね。上の写真はお昼頃だったかな、浄真寺へ行って戻ってきた時に撮りました。この盛り上がりは凄いなと思います、世間的には有名なものではないかもしれませんが、地域のイベントとしては年1回というのがもったいないと思うぐらいの良さでした。

おまけ:浄真寺の途中まで行ってきた

浄真寺

浄真寺にもちょっとだけ寄りました。参道を進むとまずこの門が出てきます。

浄真寺

ここは仁王門だそうです。

浄真寺

ここは三佛堂で、ここに来て御朱印帳を忘れたので本堂まで行かずに戻ってしまいました。「えええっ!」と思われるかもしれませんが、それは御朱印帳をちゃんと持参した時の楽しみとしたのです。

浄真寺

とても大きないちょうの木があったので、ここまで行って引き返したのです。続きはまたいつかにして、完全版としたいと思っています。

以上です

はい、こんな感じです。Facebookに九品仏アートフェスタ実行委員会のページがあるので、お近くの方やイベントに興味がある人は来年またチェックしてみてください。

https://www.facebook.com/9b2artfes/

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。