ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」で助けられた

ソフトバンクカード

こんにちは。

前回の記事でiPhoneの本体交換をしたと書きましたが、Apple Careという1年間の保証期間が過ぎていたため、有償での交換となり、アップルストアにて32,400円を支払いました。とんだ出費になっちまったなと思いましたが、その際にアップルストアのスタッフに「ソフトバンクのあんしん保証パックに入ってますか?」と聞かれました。そういえばそんなのに入っていたなと思ってそう答えたら、何やら用紙をもらい、ソフトバンクのショップに持って行けと言われたのです。

「あんしん保証パック(i)プラス」

ソフトバンクの「あんしん保証パック(i)プラス」とは、iPhone及びiPad向けのサービスで、例えば僕のiPhoneのように機器故障が起こってしまった場合、申請によって修理代金が還元されます。月々の支払いが割引されると説明がありますが、僕が申請したときはソフトバンクカード(Tポイントカード)へのポイント還元も可と書かれていました。

なお、「あんしん保証パック(i)」の 修理代金還元申請はmysoftbankのページからでも申請可能です。僕はアップルストアで受け取った書類を近くのソフトバンクショップへ持って行きましたが、申請から承認まで1時間ぐらいかかるから自分でやっちゃったほうが早いよと言われたので、自分でやることにしました。

申請するとどうなるのか

申請は、書類に書かれている交換前のiPhoneのシリアル番号と、支払った代金を入力し、書類を写真に撮ってアップロードするだけです。それで30分ぐらいですぐに承認メールが届きました。

申請すると、こんな感じになります。

  • 本体修理価格:32,400円(税込)
  • iPhone6s割引率:80%
  • 実質負担額:8,400円

ということで、修理価格の80%にあたる24,000円が還元されました。僕は月々の支払いより割引されるものではなく、以前iPhone6sを契約した時に何故か一緒に契約したソフトバンクカード(Tポイントカード)の「プリペイドチャージ」というものへ還元してもらいました。VISA加盟店で買い物する時に使えるそうなので。

どうせなら現金で還元して欲しいところでしたが、それでも最終的な負担額が大きく減ったので、「あんしん保証パック(i)プラス」に入っていて良かったなと改めて思いました。ソフトバンクユーザの方で、もしスマートフォンが壊れたなんて時には、このサービスを思い出してください。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。