年賀状を書くことをやめた

こんにちは。

年末が来ると悩ましいと思っていたのが「年賀状」を書くことです。面倒くさいですよね。でも古い友達や会社の上司とか、出さなきゃだめかなと思いながら年末に慌てて書き出していたのですが、今回は書かないことに決めました。そして今後も年賀状という習慣は無しにしたいと思っています。

なぜ年賀状を書くのか

そもそもなぜ年賀状なんて書く必要があるのか。昔からの習慣、友達だから、会社の上司には出さないと悪いと思ってしまう、こんな感じの理由で「なんとなく」な部分も多く含まれるような気がします。

昔からの習慣

僕なんかの世代は小学生の頃から年賀状を友達に書いたりしていました。その時からの名残りが何十年も経っていて、書かないとという気持ちになっちゃうんですよね。だけど今はメールもあるし、SNSだってあるし、いつでもどこでも連絡を取ろうと思えば取れるのに、何でわざわざハガキで出す必要があるのかって思うようになったのですよ。

友達だから出さないとならない

これね。確かに今でも友達から年賀状が来ます。だけどメールとかLINEで近況は分かるし、「今年こそ飲もう」なんて年賀状に書いてみるものの早何年経っていることか。それはつまり時間を作って会うほどでもない関係なんですよね。かつては友達だったかもしれないけど、いまじゃただの社交辞令としか思えないのです。

会社の上司とか

日頃お世話になっている人たちですね。出しておいた方が良いかもしれませんが、どうせ辞めたらパッタリ途絶えるわけじゃないですか。なんだか面倒くさくなってきた。

そもそもハガキが無駄

もう正直に告白すると、年賀状を書いている枚数は5枚以下です、ここ数年は。そのために年賀ハガキを買うのですが、コンビニだと10枚セットとかだったりしてハガキが余るわけです。余ったハガキは、かつてなら例えば懸賞に応募するとかで使用していましたが、いまはそういうのもネットで応募できるじゃないですか。他に使い道がなくて無駄なのです。

郵便局で必要な分だけ買えばいいだろうという声も聞こえてきそうですが、年賀状自体を億劫に思っているのだから、近くにあるコンビニで済ましてしまうのです。また、その数枚の年賀状のために時間を使うのも無駄に思えてきて、結果書くのを止めようと思ったのです。

それで友達が減るぐらいなら構わないし、会社での評価が年賀状によるところだというのであればそんな会社はさっさと辞めるべきだし、年賀状をやめたところで何も変わらないだろうと考えています。

みなさんはどう思いますか?面倒だと思っているなら、すでに2017年になってしまったので来年に向けて年賀状はやめてしまうのも良いかもしれません。

それではまた!

 

 

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。