細かい字が読みにくい人は是非!iPhoneの「拡大鏡」が便利

虫眼鏡

こんにちは。

数年前から、例えばCDの曲目なんかを見る際にはCDを目から遠ざけて見るようになっちゃったんですよ。いわゆる「老眼」ってやつなんじゃないかと言われますが、特に今もそのためのメガネとかは作っていません。ただ、細かい字はかなり読みづらくなってきて、写真の虫眼鏡を100均で買ってきて時々使ってたりするのです。しかしこれがiPhoneがあれば虫眼鏡は不要ってことがわかったんですよ。

視力は良いのですが

僕は昔から視力は良い方で、ハタチぐらいの時は2.0なんてこともありました。今も健康診断で計ると両目とも1.0とか0.9ぐらいを前後しています。それでも身体の衰えと共に目も老化してきて老眼になってしまいます。個人差はありますが、40歳を過ぎると以下のような症状により老眼が始まるようです。

  • 近くのものを見るとピントが合わない
  • 薄暗いところだと見えにくくなる
  • 細かい字を見る際に遠ざけて見る

僕は2つ目と3つ目が特に当てはまりますが、人によってはこれに伴う肩こりや頭痛なんてのもあるようですね。目のピントの調整とか、肩こりなんかを和らげるものとしてファンケルの「えんきん」というサプリメントがあるけど、これなんかをいまは検討しています。いえ、実をいうと以前お試し版を購入して2週間ほど飲んでいましたが、さすがに2週間では効果のほどは分かりませんでしたね。継続が必要なのだと思います。


虫眼鏡が必要な人はiPhoneでも代用可能です

で、本題に入りますが、僕は100均で虫眼鏡を買ってみたものの、倍率が一定なので使い勝手は正直良くありません。そんな時に知ったのがiPhoneに拡大鏡という機能がついているということです。

iOS10.x を前提に書きますが、iPhoneの「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「拡大鏡」をオンにします。その後、ホームボタンを3回続けて押すと拡大鏡が開きます。

拡大鏡

実際のiPhoneの画面よりは大きな写真ですが、このぐらいの大きさに見える文字をさらに拡大することができます。画面にある黄色いバーを右へ動かすと拡大できます。

拡大鏡

こんな感じに。大きさを調整できるところがとても便利だと感じました。これならどの大きさの文字にも対応できますね。さらにこの拡大鏡は明るさの調節も自動で行うオプションもあるので、多少暗いところでも使えます。

これなら虫眼鏡いらず!どんな細かい文字でも来いって感じですが、いちばんいいのはちゃんと検査を受けて合うメガネを作れってことなんですが、そこもそろそろ検討していかないといけないでしょうね。日頃スマホで他の人のブログを読んだりしているから、確実に目に影響を与えていると思います。みなさんもお気を付けください。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。