冬の山歩きのために買って使っていないもの

冬山イメージ

こんにちは。

膝を痛めてから趣味の山歩きのモチベーションが落ちて、年が明けてからはまだ1度だけしか山に出かけてません。冬の山歩きのために購入したある道具の出番がまだ無い状態です。

チェーンスパイク

チェーンスパイク

これがその道具で、チェーンスパイクです。冬の雪道や若干の凍結した道を歩くときに靴に装着します。本格的な冬山にはアイゼンを使いますが、チェーンスパイクはその簡易的なもので、低山で使うのが主です。だいたいこんな雪道のときですかね。

冬山イメージ

これぐらいだと装着しなくても大丈夫かもしれませんが、イメージとしてはこのぐらいの雪が残っていて凍結しそうな気温の時ですかね。1500mぐらいの山では晴れていてもマイナスの気温になったりすることもあります。風なんか吹いていたら体感温度はもっと寒いです。

チェーンスパイク

これが靴に装着したイメージで、オレンジ色の部分はゴムで伸び縮みします。簡単に装着できるので、本来はこれをメインに使わないほうがいいです。ちなみに靴はトレランシューズで、僕は最近は雪の深いところには行かない代わりに、トレランシューズで歩ける程度の雪の場所と思ってこのチェーンスパイクを買ったのです。

山に行けてない理由

せっかく買ったチェーンスパイク、実はこれは2015年の年末に購入したものなのに、1年間まるまる使っていないのです。もちろん雪の季節にしか出番はありませんが、12月から2月ぐらいがそのシーズンかなと思っていますが、山に全然行けてません。以下がその理由です。

膝を痛めた

冒頭にも書きましたが、昨年12月に膝を痛めました。そのために安静のため行けてません。

気分が乗らない

膝を痛めて1ヶ月は安静にしました。それで1度だけ山に行きましたが、そこからさらに1か月近くが空いています。本当はこれを書いている今日も朝から神奈川県の丹沢というところに行こうと思っていたのですが、どうにも気分が乗りません。

寒いから

しばらく山に行かない間に、こんな理由から行くのがめんどくさくなっています。

恐らく今シーズンも出番はない

そういう理由もあって、恐らく雪のある時の山は今シーズンは登らずに終わってしまいそうです。本当は冒頭の写真にあるような景色を見たいけど、いまはモチベーションが低下していることから無理に行くことはしないほうがいいなと考えています。

だけどこのチェーンスパイクを使わないまま部屋に置いておくと、ゴムの部分が痛んでしまって次のシーズンには使えないかもしれないなんて恐れもありますね。せっかくだから使っておきたいので、雪じゃなくて泥の凄いときとかに着けてみようかなと思いますが、意味なさそうです。

一応、前に書いた「大山登山マラソン」のコースを次の休みに走ってみるつもりです。その時には大山の山頂(1252m)にも行く予定なので、雪が残っているか凍っていることも考えて、チェーンスパイクも持って行く予定です。

「ちょっとの積み重ね」が大切な例

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。