我慢できなかった頭の痒みを僕はこれで抑えることができた

Curel

こんにちは。

僕の肌は気温が急激に変わると身体が痒く感じたり、ちょっとだけですが湿疹が出たりします。その中でも困ったのが「頭」の痒みです。痒くて痒くてボリボリと搔いてしまうのですが、これが良くないのは知っています。だけど我慢できなかったのです。

何が困るのか

頭が痒いと何がいちばん困るかというと、フケがでてしまうことです。なるべく搔かないようにと思っているのですが、気がつくと耳の上あたりを搔いてしまいます。スーツやコートにフケが落ちてとても不潔に見えてしまうんですよね。おっさんってだけで小汚く思われやすいのに、フケなんて落ちていたらなおさらです。

そしてこれが続くと、頭皮を傷つけちゃっているのか、かさぶたが取れたりするんですよね。掻きむしってしまうから、頭皮から血が出ては固まって、剥がして・・・ってサイクルなのでしょう。ホントこれはどうにかしないといけません。

フケの種類について

そもそも、このフケの正体はなんぞやということでちょっと調べてみたのですが、頭皮では皮脂という脂が分泌されていて、これが潤いを保ってくれるのですが、例えば髪を洗いすぎたりすると皮脂が剥がれて少なくなってしまいます。そうなると肌が乾燥して老廃物が剥がれ落ち、粉のようなフケになったりします。

そして反対に皮脂が多すぎると、皮脂を好物とする細菌が出てきて老廃物をどんどん作るらしいです。皮脂が多いのでこちらはベタベタした感じのフケになるそうです。

僕の場合はどちらかというと前者で、粉とまではいきませんが乾いたタイプのフケが出てしまいます。

市販薬を使ってみた

頭の痒みで困っていた時に、たまたまテレビのCMで見たのがメンソレータムの「メディクイック」という薬です。頭皮に直接塗れる液体タイプの薬で、差すととても気持ちが良いです。ただし頭皮を引っ掻き過ぎて傷になっているところにはしみて痛いです。

【第(2)類医薬品】メンソレータム メディクイックH GOLD 30ml[メディクイック しっしん・かゆみの薬 液体]

同様に「ムヒHD」という商品も使いましたがメディクイックと使用感は同じかなと思いました。

【第(2)類医薬品】池田模範堂 ムヒHD 30ml

これはどちらにも共通して言えるのですが、確かに効き目はあって痒みは無くなるけど、湿疹とか痒みを抑えるだけであって、頭皮への潤いはありませんね。だからこれらを使わないとすぐにまた痒くなってしまうのです。

Curelの頭皮保湿ローション

そんな僕の頭皮にピッタリのモノがありました。冒頭の写真の「Curel(キュレル)頭皮保湿ローション」です。

花王から発売されているこのCurel頭皮保湿ローションは、セラミドという細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の成分の働きを補うことで、頭皮に潤いを与え、保湿されることで、、、と言うけどよく分からないので、知りたい方は花王のサイトを見てください。

花王株式会社 キュレル 頭皮保湿ローション
キュレル,キュレル 頭皮保湿ローション,くり返す、かゆみ・フケ、カサつきに

僕はこれを洗髪後に頭皮に塗ります。容器は頭皮にダイレクトに届くノズルになっているので、ここ痒いなと思う場所に直に塗って指でローションを伸ばした後、ドライヤーでちゃんと髪を乾かします。髪が濡れたままだと雑菌が溜まりやすいと聞いたからです。

これを使って2日もすると、痒みが気にならなくなります。普段は気がついたら頭を掻いてるなんてことがあったけど、これを使い始めてからは多分無いと思います。そのぐらい意識せずに済むのです。

そもそもなぜ僕がこの商品にたどり着いたかと言うと、その時使っていたシャンプーが頭皮に刺激を与えているのではと思い、無添加のものを探していてCurelのシャンプーを買ったのがきっかけです。

以前は毎日頭皮に塗ったくっていましたが、いまは2日に1回でも大丈夫な状態です。でもきっとサボるとまた痒くなるだろうから、適宜ケアしていくつもりです。

痒みやフケでお悩みの方は、検討してみてください。↓これです。

キュレル 頭皮保湿ローション 120ml 花王 Curel

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。