ビットコインのアカウントを作ってみた

こんにちは。

ビックカメラが「ビットコイン」での決済方法を導入したというニュースを見て、以前よりもビットコインが身近なものに感じてきました。そこで僕もちょっとばかりビットコインというものを知っておこうかと思いまして、アカウントを持つことにしました。

ビットコインとは

ビットコインとは、ネット上で流通する「仮想通貨」のひとつです。通貨つまりお金ですが仮想だから実態がありません。似たような例を挙げるなら、どこかのサイトで物を購入する際に「ポイント」を購入して、そのポイントで買い物をするなんてところがありますが、そのポイントも仮想通貨みたいなものです。ただしそのポイントはそのサイトでしか使えませんが、ビットコインならビットコインでの決済を導入しているところであれば、日本国内でも海外でも使うことができます。

世界共通の通貨なので、円とかドルとかユーロとかを気にする必要はありません。世界共通で「BTC」という通貨単位なのです。そしてビットコインは実態はありませんが、仮想のお財布で管理しますので、スマートフォンやPCからいつでも残高を確認することができます。

どうやって手に入れるのか

ビットコインを手に入れるには「取引所」と呼ばれるサイトでアカウントを作成して購入します。スマートフォンがあればアプリをインストールすることで、ビットコインをいつでも購入したり売却したり相場を見ることができます。相場は株などと違って24時間365日変動していて、取引も可能です。

僕はスマートフォンにアプリをインストールしてアカウントを作りました。今回はその手順をざっくりと説明します。

アプリの種類

僕は2種類のアプリを入れてみました。

coincheck

まずは「coincheck(コインチェック)」。こちらは渋谷区にあるコインチェック株式会社が運営している取引所で、ビットコインだけではなく、他の仮想通貨(イーサリアムとか、ファクトムとか、オーガーなど)の取り扱いも行っています。

仮想通貨の購入は銀行振り込みとクレジットカードが使えて、iOS、Android共にアプリを提供しています。アプリの画面はかなり見やすいと思います。

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

bitFlyer

もうひとつは「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。こちらは港区にある株式会社bitFlyerが運営する取引所で、結構大手のようです。こちらのサイトの特徴は、提携しているサイトなどで買い物やサービス利用申込をすると、ポイントの代わりにビットコインがもらえるようです。

そしてこちらも銀行振り込みとクレジットカードでの購入が可能で、iOS、Android共にアプリがあります。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

アカウントはどうやって作るのか

まずどちらの取引所もアプリをインストールします。アプリを立ち上げると「新規登録」とありますので、必要事項を入力します。

そして、このビットコインを利用するためには身分証明書の「登録」が必要となります。なぜ身分証明書を求められるかというと、ビットコインは「お金」です。街で銀行口座を新しく作るときにも免許証とかパスポートとか、顔写真の入った身分証明書がいるとの同じなのです。

なので僕は運転免許証をアプリからアップロードしたのですが、免許証は表面と裏面を写真に撮りました。さらにですが、bitFlyerでは不要でしたが、coincheckではその身分証明書を手に持った自撮り写真も必要でした。ここ重要です。ものの本にも自撮り写真のことが書かれているので、それが普通のようです。だから僕も免許証を手に持って自撮り写真を撮りました(笑)。

で、これをアップロードすると、今度は取引所のほうで身分証を確認し、住所確認のためにハガキが送られてきます。実は僕はいまこの段階で、ハガキ待ちなのです。このハガキに記載されている「何か」をすることで、ようやく正式なアカウントが作られるわけです。

なぜそこまで面倒な手順を踏むのかというと、「マネーロンダリング」などの不正利用にビットコインが使われないためなので、ここは理解してあげましょう。仮想通貨とはいえ「お金」ですからね。

さて、まだハガキが届いていないのでここから先はまだどうなのか分かりません。いま時点でも買おうと思えば買えるようですが、とりあえず最終的な手順を終わらせてからビットコインを購入しようかなと考えています。そんなわけで、この続きはまた後日ということで。まずはアプリを入れてアカウント登録まで、興味のある人はやってみてください。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。