高尾・陣馬スタンプハイクをしながら山歩きを楽しむなんてどうでしょう?

高尾・陣馬スタンプハイク

こんにちは。

ゴールデンウィークに入りましたね。カレンダー通りの人の方が多いかもしれませんが、休みの取りようによっては9連休の人もいることでしょう。だけど特に予定がないなんて人もいるのではと思います。もし東京近郊にお住まいであれば、スタンプラリーをしながら山歩きを楽しむことができる「高尾・陣馬スタンプハイク(以下「スタンプハイク」と表記)」をオススメします。

高尾・陣馬スタンプハイク

高尾・陣馬スタンプハイクは春と秋に行われるイベントで、高尾山と、その奥にある陣馬山(じんばやま/じんばさん)までに置かれたスタンプを押して集めるというものです。集めたスタンプの数に応じて「5スタンプコース」、「エキスパートコース」そして「パーフェクトコース」として応募して、抽選で景品があたるというものです。

高尾山やその先に続く景信山(かげのぶやま)や陣馬山はとても歩きやすいコースなので、子供から年配の方まで歩くことができるので、このスタンプラリーは幅広い層が楽しんでいます。

スタンプハイク参加方法

事前申し込みなどは一切いりません。上の写真にあるスタンプを押す台紙が、京王線の高尾駅や高尾山口駅、さらには陣馬高原下バス停近くの山下屋や、城山茶屋など、コースとなる場所の要所要所に台紙が置いてあるので、自由に取っていつでも始められます。あ、いつでもと言っても、春は4月1日から5月31日までです。

応募コースの紹介

スタンプハイクは集めたスタンプの数に応じて、景品を獲得するためのコースに応募できます。コースは以下の通りです。

5スタンプコース

これは高尾山口駅から高尾山の山頂までにある5つのスタンプを集めればいいお手軽なコースです。5つのスタンプにはそれぞれ文字が入っていて、5つ集めるとある言葉ができるので、それを台紙についているハガキで応募します。

エキスパートコース

エキスパートコースは、5スタンプコースで集めた5つプラスどこでもいいので3つを押すものです。高尾山の他に、どこかあと一か所は山を歩かないと集めることができません。

パーフェクトコース

これはその名の通り、12個のスタンプをすべて集めなくてはなりません。健脚な人であれば1日で集めることも可能ですが、2日に分けて集める人が圧倒的に多いと思います。

これらのコースをクリアしたら、「5スタンプコース」は台紙についているハガキで応募できますが、「エキスパートコース」と「パーフェクトコース」は台紙のコピーか原本を封書で送る必要があります。応募することによって、京王グループの関連のお食事券やグッズなどが抽選で当たるのです。僕は去年初めてトライしてパーフェクトコースに応募しましたが、外れたようです(笑)。

スタンプ設置場所

応募用紙には簡単な地図が描かれていて、スタンプの設置場所もこれでわかります。

高尾陣馬スタンプハイク

これが高尾山のハイキングコースの案内とスタンプの設置場所を示した地図です。オレンジ色の丸で描かれたのが「5スタンプコース」用のスタンプの設置場所で、青い丸がそれ以外ですね。

こちらが高尾山以降から陣馬山までのスタンプ設置場所を示した地図ですが、高尾山から陣馬山までは約17㎞もあるので、1日で回り切るのはなかなか難しいと思います。さらに、このスタンプハイク、1日で回ろうとする人の気力を奪う個所が1つあるのです。

今回はここまでで、次回は僕が考える各応募コースの攻略法(?)を書こうと思います。

それではまた!

 

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。