クロネコヤマトのLINEアカウントとは友達になっとけ、便利だぞ!

クロネコヤマト

こんにちは。

みなさんクロネコヤマト使ってますか?僕はよくAmazonで買い物をするので、その度にクロネコヤマトで荷物が届きます。ヤマト運輸に限らずですが、宅配便って基本昼間にやってくるじゃないですか。でも昼間は仕事で家にいないので、その度に不在配達票が入っていたりしますよね。それだと再配達を依頼するのもめんどくさいし、クロネコヤマトの人たちも二度手間だったりします。

Webから再配達依頼をかけられますよ

ヤマト運輸のサイトから「クロネコメンバーズ」に登録すると、Webもしくはスマホを使って再配達の依頼をすることができます。メンバーになる際にはメールアドレスを登録するのですが、荷物の配達の際に不在だったりするとメールに通知がきます。その通知をもとに、サイトへアクセスしてメールに記載の伝票番号を入力して配達日時の変更を行うのです。これなら外にいるときでも何かの荷物が来たというのがわかります。

スマートフォンのアプリもあって、こちらのほうがより簡単に再配達依頼がかけられます。もちろんこれもクロネコメンバーズになっておく必要があります。

クロネコヤマト公式アプリ

クロネコヤマト公式アプリ
無料
posted with アプリーチ

あ、先ほどから「再配達依頼」のことしか言ってませんが、それ以外にも、いま荷物がどこにあるかという照会や集荷依頼、送り状の発行なんかもできますので、クロネコヤマトをよく利用する人はクロネコメンバーズになっておいて損はありません。荷物の発送や受け取りでポイントが溜まるという特典もありますよ。

LINEでクロネコヤマトとお友達になるとさらに使いやすい

ヤマト運輸のサイトやスマホアプリでも十分便利なのですが、いま僕がオススメしたいのは、LINEを使っている人は是非ともヤマト運輸とお友達になってください。LINEを立ち上げて「友達を探す」でヤマト運輸と検索すればすぐに出てきますので。何が使いやすいのかって、LINEのトーク機能を使って再配達依頼をかけることができるんですよ。あ、これももちろん前提としてクロネコメンバーズになっておく必要がありますけどね。

荷物が届く前にこのように知らせてくれるんですよ。

クロネコヤマトとのLINEトーク

リンク先から配達日時の変更が可能なのですが、それじゃヤマト運輸のアプリと何ら変わりません。LINEなので「会話」をして配達日時を変更してみます。

クロネコヤマトとのLINEトーク

「時間変更」とか「配達日変更」と言うと伝票の送り状番号を求められるので、番号を入力して、希望の日にちを伝えます。画面では僕はわざと「時間変更してにゃ」とネコに話しかけるかのようにトークをしました(笑)。そうするとクロネコヤマトも「~にゃ」と返してくるんですよ。

希望日の選択で「1」とだけ言うと相手は普通の話し言葉になります(笑)。

クロネコヤマトとのLINEトーク

ちなみに時間帯はタップすると「>20~21」みたいに勝手に話しかけます。

クロネコヤマトとのLINEトーク

最終確認をして手続き完了です。「お届け前に変更いただきありがとうございました」と返信されて、なんだかこちらも良い気分になれますね。クロネコヤマトの配達員さんの負担を軽くしたなって。

クロネコヤマトとのLINEトーク

他にも「いつ届く?」と質問すると配達予定日を教えてくれたり、LINEでも送り状の発行ができるそうです。

余談ですが、ヤマト運輸のLINEアカウントが登場したころにスタンプも配布していたんですよ。そのスタンプを送信するとネコらしい返事が返ってくるのです。

クロネコヤマトとのLINEトーク

ちゃんと「クロネコIDと連携してにゃ」と言ってくれます、すでに連携していますけどね。しかしこのヤマト運輸のアカウントが優しいのも、自社スタンプを送った場合のみです。

他のスタンプを送るとこのような反応をします。

クロネコヤマトとのLINEトーク

J:COMのスタンプを送ったら、「すみませんが文字で入力してください。」とあまりにも素っ気ない反応。これはかなり笑わせてもらいました。なお、今はスタンプの配布をしていないので入手できないのが残念です。そろそろ新しいのを出してもらいたいものです。

そんなわけで、クロネコヤマトをよく利用する人はアプリやLINEを活用してみてください。LINEは配達日時変更などをするのが楽しみになりますよ。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。