「とらまえる」って言葉がどうにもモヤモヤする

辞書

こんにちは。

普段仕事をしていると、あちこちでいろんな言葉が飛び交います。そんな中、聞くたびにどうもモヤっとしてしまい居心地の悪さを感じてしまう言葉があるのです。うん、思い出すだけどもなんかこう・・・虫酸が走るというか(笑)。

「とらまえる」ってなによ

そうなんです、「とらまえる」って言葉なんです。どんな時に使うかというとこんな感じです。

「このプレゼンの内容を、先方がどうとらまえるかによって今後の方向性も決まってくるだろう」

恐らくあなたもこの言葉がどういう意味か分かってきたんじゃないかと思います。そうです「捉える(とらえる)」という意味なんですよね。正確に言うと「捉える」と「捕まえる」の混成語なのです。

 

混成語とは複数の言葉の一部を組み合わせて作られた言葉のことです。また、ルイス・キャロルが「不思議の国のアリス」の中で登場させた混成語を表す際にポートマントーというかばんに例えたことから「かばん語」とも言われているそうです。

「とらえる」じゃダメなのか

そう思いませんか?なんでわざわざ1文字多く言おうとするのか不思議です。最初に聞いた時には心の中で「え、とらえるでしょ、何言ってんのこの人」なんて思ったものですが、この言葉を使う人が複数いたのです。

なのでそれが正しいのかどうかググってみたところ、上に書いたように混成語として存在しているようなのです。Weblioの辞典だと大阪より西の人が使う言葉だとも書いてありましたがどうなんですかね。そして他にもこの「とらまえる」という言葉に違和感を抱いている人がいるようで、僕だけじゃないんだなと思いました。

『ま』が余計なのである。本来は、『とらえる』であり、『捕える』、『捉える』が正しい。

https://ameblo.jp/kenkoikka/entry-12161485779.html

そうですよねぇ、「ま」が余計ですよね。

「とらまえる」という人は「とらえる」とは言わないのだろうか?「とらまえる」しか聞いたことがないから「とらえる」と言っているのかどうかはわかりません。僕はこの言葉を聞くたびに何とも言えない鬱陶しさを覚えるのです。それはやはり「とらえる」のほうが4文字で言いやすいし、そっちが自然に思えるからなのでしょうね。

「とらえて」では語れない微妙なニュアンスがあったのかもしれない。

http://d.hatena.ne.jp/yurusu/20080401/toramaeru

そうそう、僕もそんな風に思っていたところです。「とらまえる」と言うことで実は強調したいとか、特別な意味を持たせたいというかそんな感じで。

今後もモヤモヤします

とりあえず広辞苑にも載っている言葉であるので、日本語として存在していることはわかりました。しかしこれからも「とらまえる」という言葉を聞いたら僕はモヤモヤして内心ムカッとするんでしょうね。だって気持ち悪いもん。

僕は誰がなんと言おうと「とらえる」って言うし、なんか年寄り臭いじゃないですか「とらまえる」って。それともおっさんになったら落ち着きや貫禄もついて自然と「とらまえる」なんて言い出すんですかね。いやいや、僕はそんなのゴメンです(笑)。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。