秋山温泉:山梨県上野原市の源泉かけ流しの湯

秋山温泉

こんにちは。

前から行ってみたいと思ってなかなか機会がなかった、山梨県上野原市にある源泉かけ流しの湯の日帰り温泉である「秋山温泉」に行ってリフレッシュしてきました。東京から近いけどある種「秘湯」のようなところだと思いました。

山梨県上野原市

上野原(うえのはら)志は山梨県の最東端にある人口25,000人前後の志で、すぐ隣は相模湖のある神奈川県相模原市、そしてさらに隣には東京都八王子市があり、都内からでも行きやすい場所です。JRなら中央線で上野原駅と四方津(しおつ)駅、車なら中央高速道路で上野原ICで降ります。

僕のように山へ行く人には割と馴染みのある地域ですが、そうじゃない人にはきっとどこなのかも分からないかもしれません。最近では都心部に住んでいる人たち向けの移住のための空き家ツアーなども行われています。

上野原市移住サイト「Uenoha-Life」 - 山梨県上野原市 公式サイト
山梨県上野原市の移住サイト「Uenoha-Life」。うえのはらの魅力や、ライフスタイルの提案、移住者の声などを掲載しています。

秋山温泉

秋山温泉は上野原市の南側、秋山地区にある温泉です。

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

公式サイトもあるので貼っておきます。

ここはサイトのトップページでも謳っていますが、源泉かけ流しの湯がウリです。浴場は広く、源泉の湯は「加熱なし」、「加水なし」、「塩素なし」でそのままを溜めているので、お風呂自体はぬるいです。ぬるいゆえに長くのんびり入ることができるのがいいですね、特に今の暑い時期は。もちろん、加熱しているお風呂もあるので、熱い湯に入りたい人のニーズも満たしています。

もう一つの特徴は源泉を使ったプールがあること。25mプールとか屋外にもプールがあって、僕はお風呂だけを堪能しましたが、子供たちがプールを楽しんでいる姿を見かけました。

お風呂以外も素晴らしい秋山温泉

お風呂が素晴らしいのはもちろんですが、休憩室とかレストランもくつろげて終始のんびりできる場所だと思いました。

秋山温泉

レストランでは「おつまみセット」を注文。生ビール1杯と軟骨揚げをいただきました。680円。

秋山温泉

広い休憩室、午前中はまだ人が少なく、最初のうちは独占状態でした。小一時間ほど昼寝なぞしてしまいました。

1階のロビーでは上野原や山梨県の名産品やお土産も充実していたし、そういえば温泉を飲めるコーナーもありました。飲むの忘れてた・・・。4時間ぐらい滞在しましたが、のんびりした時間を過ごしました。

秘湯と思う理由は「アクセス」

僕がここを秘湯だと思う理由はアクセスにあります。車を持っていればなんてことは無いのですが、交通機関を使うとこれがどうも、温泉が出している送迎バスしか無いようなのです。路線バスは1日に3本しかありません。

と言っても、送迎バスも本数は少ないのです。

上野原駅→秋山温泉
・9:50、12:15、15:00
秋山温泉→上野原駅
・11:30、14:00、16:30、18:00

しかもこの送迎バスは、火曜日から土曜日の運行で、月曜は休館日なのでわかりますが、日曜日の送迎はないのです。そうすると日曜日に行こうとなると車か路線バスか、上野原駅から1時間以上かけて歩くかしかありません。

もし、路線バスを使うのであれば上野原駅から「無生野(むしょうの)」行のバスに乗って、「富岡入口(とみおかいりぐち)」で降りるのがいちばん近いようです。運賃は470円。

僕が行ったのは土曜日でしたが、午前中ということもあってかなり空いていました。そこがどことなく秘湯感があっていいなと思ったのです。

あ、そうそう、言い忘れましたが、秋山温泉はスタッフの方々がとても接客がいいのです。受付カウンターも、レストランも、送迎のおじさんも、みなさん笑顔でそれだけでも行って良かったと思えるのです。オススメの場所です。

上野原の魅力を伝えるブログもある

上野原市は自然の多いところです、山登りはもちろんのこと、釣り、キャンプなんかも楽しめるところで、何度でも言いますが東京からのアクセスがしやすいところに位置しています。

そんな上野原の魅力を伝えるサイトが「ふらっと上野原」で、遊び、観光、衣食住など上野原の情報ならここって感じのサイトです。

ふらっと上野原
山梨観光なら上野原市がおすすめの穴場スポット

まだ僕も上野原の「街」を知らないので、今後また山の帰りをうまく利用して立ち寄ってみようかなと思っています。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。