クリックしたからって検索結果上位になる訳じゃないのに

こんにちは。

先日、知り合いから彼が持っているWebサイトについての相談を受けまして、なんだかなぁって思うことがあったのでネタとして書いちゃいます。

Googleの検索1ページ目に表示されなくなった

そう、相談とはこのことなんです。その人(Kさんとします)はある商売をしていて、それはもう古臭いホームページを運営しています。「古臭い」とは「阿部寛のホームページ」のような感じの、Web2.0以前のものです。何を売りものとしているかは伏せておきますが、まあ一般的にはそれほど需要のないものです。だから競合もそんなにいないのであるキーワードで検索するとGoogleでは1ページ目に表示されることが多かったのです。

しかしここ2か月ぐらいは2ページ目に表示されることもあり、Kさんもちょっと焦っているようです。でも僕が検索すると1ページ目に出ますよと教えてあげましたが、どうにも安心できないようです。

検索はその商品の単語だけでなく、複合キーワードのほうが1ページ目に出ることが多く、実際には僕が試した複合キーワードで検索する人の方が多いと思われます。単語ひとつだけだと幅が広過ぎちゃうので。

「毎日クリックしているのに」だと!?

そんなKさんと会話をしていて、とても気になることを言ってきました。それはこんなことです。

「毎日検索して(自分のサイトを)クリックしているんだけど」

へ!?どういう事なんですか?まさか、まさか、、、何らかのキーワードで検索して出てきた自分のサイトを毎日クリックしているってことなんですかね。それはなぜ!?

ええ、言ってることは分かってますよ。そうやって毎日誰かが検索してサイトを訪問すれば検索エンジンに認めてもらえると思っているんですよね?おかしいなぁ、僕は何年も前にKさんにそんなことしても意味ないと言ってたんだけどなぁ。

しかも、ケータイショップとか大型電気店でもタブレットや展示されているPCで検索してクリックしているって・・・なんていう無駄な努力。

Googleさんは間違いなく検索した後の行動パターンまで掴んでいるだろうし、Kさんは検索して自分のサイトをクリックするだけでブラウザを閉じてしまうだろうから、自作自演だってことがバレバレですよ。

パソコンやスマホなどの端末からインターネットに接続する際、それぞれの端末(回線)にIPアドレスという番号が割り当てられています。そして、Googleなどの検索サービス提供会社では、サイト毎のクリックについてIPアドレス別で認識しています。つまり、同じ端末で多数回クリックしても何の意味もない ということです。
http://tactical-media.net/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%A8%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E9%A0%86%E4%BD%8D%E3%81%8C%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B%EF%BC%9F/

そして例えどこかのお店からクリックしても、行動パターンは読まれていると思うんですよね。Googleはバカじゃないから、そんなことをしても意味ないですよと伝えているのですが、上記のようなページを見せても信じないんですよね。

結局これまでどおりに

Kさんの要望は、検索で1ページ目に上げること、また必要に応じてサイトを変更したいとのことだったのですが、僕はWordpress(とは口には出していませんが)を使ったブログ風のサイトにリニューアルしてみてはと伝えましたが、前時代的なサイトがお気に入りのようで結局は何もすることなく話は終わりました。

だから今後もKさんは毎日自分のサイトをクリックし続けるのでしょう。まあそれで本人が納得であればいいんですけどね。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。