仕事が忙し過ぎて思考停止状態でした

思考停止

こんにちは。

気がつけば前回の更新から10日も空いてしまいました。毎日更新しているブログではありませんが、それでも4日か5日に1本の間隔で更新してきたものの10日も空いたのは初めてです。

仕事です

そう、その原因は仕事だったのです。以前にも書いていますが、とても忙しく夜は遅くまで、そして土曜と日曜日も出勤しているという有様。もはや36協定なんてあったもんじゃない。そんな感じです。人増やせよ、家や休日出勤までしてやることがあたりまえとか思ってんじゃねえよ上は。それでオンスケですとか言っちゃうのです、ブラック企業じゃん。

 わからなくもないです

長時間の労働を続けているとどんな影響があるか、僕にとってのそれを以前書きました。

長時間労働が私にもたらす悪影響5つ

これ以外にもひとつ分かったことがあります。前はそんなことは思ったことが無かったのですが、去年話題になったこのツイートについて「なるほど」と思ったのです。

このイラストでは、駅のホームでいま1歩踏み出せば「明日会社行かなくて済む」と描かれていて、「死ぬくらいなら会社辞めればいいのに」と思う人に対して、その程度の判断力すら失ってしまうと説明しています。

僕はかれこれ2ヶ月ぐらいは毎晩10時11時まで働き、寝不足の状態で次の日も仕事に行きます。これが積み重なってくると頭がボーッとして、何も考えられなくなります。

そんな時に駅のホームで電車を待っていて思ったのです。「死にたくなる人はここで判断できなくなるんだろうな」と。

思考停止してます

そう、まさに思考停止。僕はそこまで追い詰められているわけではないのですが、疲れが溜まってからは何も考えられなくなりました。

このブログだって、あのネタを書こうかと一瞬だけひらめいてもそれ以上は何も考えられなかったし、最近ではネタすら思いつかなくなりました。

こんなネガティヴなことは書きたくありませんが、とりあえず生存確認的に書いています。それと将来的にこの業界、もしくは会社を思い切りディスるためのメモとしても。

それではまた!


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ) / 汐街コナ・著

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。