富士山にもそろそろ登っておこうかと思っている

富士山

こんにちは。

富士山といえば知らないという人は日本にはまずいないと思います。だけど登ったことがあるという人は・・・それなりにいると思いますが、低山ばかり登っている僕はまだ登ったことがありません。これまではそういう気分にはなれなかったのです。

世界遺産になってから余計登る気が失せてました

僕はこれまで富士山は登る山ではなく「眺める山」だと考えていました。景色の中に現れる壮大な姿は素晴らしいし、特に雪をかぶった富士山はとても美しいと思っています。

富士山

2013年に「世界文化遺産」として登録された直後は例年よりも1.5倍の登山客で賑わったようで、その直前にまとめられたある記事ではそれまでもかなりの人出だったことがわかります。

富士山の山小屋レポに怒り・不快感コメントが集まる・・・世界遺産は夢のまた夢? ...
日本一の山として人気の富士山。しかし一度でも登ったことがある人ならば、山頂付近の異様さを知っているでしょう。富士山の山小屋の実態レポートに怒りや違和感を覚え...

いやぁ、この人混みを見たら登りたいなんて思わなくなります。日頃の鬱陶しい通勤の電車や都内の人の多さにウンザリしているから自然を求めて山に行くというのに、なぜ3000mもの場所でこんな混雑に巻き込まれなきゃいけないのでしょうか。

ずっとそう思ってきたので、山を始めてからもひたすら低山だけを歩いているのです。

最近ちょっと心変わりしてきた

そんなことを思い続けて5年ほどですが、最近は少し気持ちも変わってきました。きっかけは父からの誘いです。父も僕と同じ時期に偶然山を歩くようになったのですが、僕が頑なに低山ばかり行くのと違って父はアルプスの山にも出かけて山小屋に泊まったりしています。

そんな父から先日「富士山登るか」と誘われたのです。しかしいまの僕は仕事がめちゃくちゃ忙しくて低山すらも歩けていない状況で、この忙しさはもうちょい続くことから今年は無理だと言ったのです。

富士山 from 箱根

とはいえ父も70歳代の半ばなので、ここらで一緒に行っとかないと父も体力が衰えて歩けなくなってしまったり、後々に僕も後悔することになるかもしれないと考え始めました。そう思うとここは素直に一緒に行っとくべきかなと思うのです。

それと一度は日本の最高峰に立っておきたいという「欲」が出てきたというのもあります。だからと言って1人ではやはりその気にはなれないので、父からの誘いはちょうどいいタイミングかなと思ったのです。

それにしてももうちょい早い時期だったらなと思うのです。富士山の登山シーズンは9月10日ぐらいまでなので、今年はもう僕的には無理です。来年になったら僕から誘います。

それではまた!

 

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。