小田急沿線自然ふれあい歩道:狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

小田急沿線自然ふれあい歩道

こんにちは。

久々に土日と休むことができました。本当なら山に行きたいところですが、日々の仕事の疲れが溜まっていてまずはリハビリが必要だと考えて散歩をしました。以前も紹介しました「小田急沿線自然ふれあい歩道」の別のコースを歩いてみたのです。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

今回も、狛江駅と喜多見駅を結ぶコースですが、前回は小田急線の北側を歩いたのに対して今回は南側を歩きました。前回のは以下の記事に書いています。

小田急沿線自然ふれあい歩道:狛江駅~喜多見駅(野川)コースを逆から歩きました

そして今回の「狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース」はだいたいこんな感じです。約4.9㎞の1時間半ぐらいのコースですね。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

マップの詳細はこちらからどうぞ(PDF)。

コースと見どころ

今回はコース通り、狛江駅からスタートしました。

狛江駅

狛江駅です。小田急線は各駅停車のみが停まる駅で、狛江市民が使う駅はすべて各駅停車のみなんですよね。なおスタートしたのは13:00ごろと暑い時間帯でした。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

狛江三叉路交差点です。これを渡り「鳥政」さんの左側の道を入っていきます。ちなみに鳥政さんは肉屋と焼き肉屋でして、肉屋で売っているコロッケがとても美味しいです。僕はここのコロッケがかなり好きなんですが、日曜日は休みなので残念ながら今回は買えませんでした。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

車道から離れて住宅の中の散歩コースを歩きます。こんなような道は前回の記事にもでてきました。こういう道なら車は来ないので安心して歩けますが、たまに自転車に乗った人がきます。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

「岩戸川緑地公園」と呼ばれている場所にきています。岩戸川はかつてあったかんがい用水ですが、宅地化とともに地下化されてしまったそうです。その跡地が公園とされていますが、公園と言っても遊具があったりするわけでなく、恐らくひとつ前の遊歩道がそれだったのだと思います。

じゃあこの水の写真は何かというと、人工で流れているものです。いちおう「岩戸川せせらぎ」と名前が付けられているようです。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

ちょっとここ良かったです。せせらぎをしばらく進んだ先にあるのですが、ベンチで少し休憩しながらせせらぎを眺めてました。ただ目の前は住宅なんですよね、後ろも・・・。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

コースの見どころとなっている「明静院」ですが、中に入れないじゃないですか・・・。これは外から撮っています。1530年に建立されたと言われる天台宗の寺院だそうです。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

明静院の隣にある「八幡神社」も見どころとして紹介されています。ここはポケストップでもあります。さらにいうなら、この写真の背後には道路を挟んで「岩戸児童センター」というのがあるのですが、そこはポケモンGOのジムです。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

再び遊歩道に戻り歩いていると「うんどう遊園」が出てきました。高齢者向けにちょっとした運動ができる器具が備えつけてあります。真昼間で暑いので誰もいません。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

気がついたらいつの間にか狛江市から世田谷区に入っていました。途中でセブンイレブンで水分と食料補給をしました。暑いから水分はちゃんと摂っておきたいですね。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

見どころのひとつ「慶元寺」の入口です。江戸を築いた江戸氏の菩提寺だそうです。江戸って徳川家康じゃないの?と思うかもしれませんが、江戸という地名は平安時代からあって、この慶元寺も最初は現在の皇居あたりにあったそうです。江戸氏が喜多見に移ってきたのと同じく、慶元寺も移転させたのだそうです。ちなみに江戸氏は後にこの辺りの地名にならって喜多見姓を名乗るようになったそうです。

余談ですが、このあたりの話は中公文庫の「江戸時代(大石慎三郎・著)」に詳しい記述があります。記事最後のリンクを参照ください。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

これが慶元寺の本堂で、1716年に再建された世田谷区の寺院では最古の建物だそうです。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

慶元時からすぐの所に草ボーボーの公園らしきものが出てきました。ここは「区立稲荷塚古墳」、古墳ですよ、古墳!あの先の木に囲われているところが古墳のようなので行ってみました。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

確かに盛り上がってはいるけど、でも古墳なんでしょうね。7世紀ごろのこの辺りの権力者の墓として造られたものらしいです。世田谷区の指定史跡です。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

近くにあったこの木の馬の遊具がなんとなく埴輪の馬に見えるのは古墳だからでしょうかね。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

そして最後の見どころとして「氷川神社」です。ここは我が家では新年が明けた際の初詣の場所となっているので何度も来ています。今回も立ち寄ったついでにお参りしてきましたが、蚊がやたらと飛んでてしかも刺されるしお参りどころではありませんでした。

狛江駅~喜多見駅(岩戸川緑道)コース

あとは住宅街を歩いて喜多見駅まで戻ってきました。

昼の時間帯だったのでとにかく暑かったです。そしてほとんどが住宅の中を歩くので速足で進んでしまうようなところばかりです。後半に立ち寄る場所が多くなったのでそれなりに楽しめましたが。これは時期を選べばもうちょっと歩きやすくて気持ちのいい散歩コースになるなと思います。たぶん春とか秋がちょうどいいんでしょうね。

でもいい汗かいたし、日焼けもしました。そろそろ山にも復帰できそうなので足慣らしとしてちょうどいいぐらいでした。今度は成城学園前か、和泉多摩川あたりを起点としたコースを歩いてみたいです。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。