サーバを借りなくても自分のPCでWordPressを試すことができる「Instant WordPress」

Instant WordPress

こんにちは。

もしあなたがブログを始めるとしたら、はてなブログとかアメブロとかの無料のブログサービスから始めるかもしれませんが、僕が使っている「WordPress」を使ってみたいという人もいるかと思います。しかしWordPressを使うには同時にレンタルサーバを借りる必要があります。WordPressを導入してみたものの使い勝手が好きになれないとか、そもそもブログが続かなくて結局サーバ代を無駄にしてしまうなんて人もいるかもしれませんね。でもWordPressを使うことを検討したいという人向けに素晴らしいツールがあります。それが「Instant WordPress」です。

おさらい:WordPressを使うには

冒頭にも書きましたが、WordPressを使うにはまず最初にレンタルサーバを借りるのとドメインを取得する必要があり、当然ながら費用もかかります。僕のオススメは「エックスサーバー 」で年間12,000円で借りています。ドメイン取得もエックスサーバ上で可能です。はてなブログやアメブロは無料で使えますが、広告が望まないところに入ったりとか、それなりに使用に制限があったりします。

過去にこんな記事を書いたので参照ください。

WordPressを使ったブログの最初は苦行でしかない

WordPressでブログを始めても最初はアクセスがなくて悲しい気分になってきますが、個人商店を経営しているものと思って、宣伝を頑張ってみたりどうやったらアクセスを得られるかなど、自分でアクションを起こす必要がありますが、自分の理想のサイトが作れるところは良いですよ。

窓の杜で紹介されていました

なんかネガティブなことを書いてしまっていますが、それでもWordPressをいじってみたいという奇特なあなた!でもそのために「エックスサーバー 」を借りるまではちょっと・・・というあなた!そんなあたなにうってつけのツールが「Instant WordPress」です。

「Instant WordPress」は自分のPCにインストールして、ローカル環境でWordPressの構築が可能なのです。WordPressがどんな感じなのか知るためにもぜひ使ってみたいツールです。僕はこのツールを「窓の杜」の記事で知りました。

「WordPress」のローカルテスト環境を手軽に構築できる「Instant WordPress」/面...
 「Instant WordPress(InstantWP、IWP)」は、「WordPress」のローカルテスト環境を手軽に構築できるツール。Windowsに対応しており、編集部にてWindows 10で動作を確...

さっそくインストールしてみたのでちょっとレポートします。

ダウンロード&インストール

まずは「Instant WordPress」のサイトへ行ってインストーラーのダウンロードです。

Instant WordPress
The easy way to install WordPress locally on Windows

上記サイトへアクセスして “Download Now”と書かれたボタンをクリックします。するとダウンロードページに進みますので、”Current Version”と書かれた下にある “Download Instant WordPress 4.5” というボタンをクリックしてインストーラー(exeファイル)をダウンロードしてください。2017年9月6日時点ではバージョンは4.5です。

Instant WordPress

ダウンロードするとこんなアイコンがあると思いますので、ダブルクリックしてインストールを開始します。インストールするフォルダとかを聞いてくるので、お好きなところにインストールしてください。僕は「C:\Users\(ユーザー名)」フォルダ内にインストールしました。

Instant WordPress

インストールが終わると、「iwpserver.exe」があるのでダブルクリックをして起動します。僕はデスクトップにショートカットを作っちゃいました。

Instant WordPress

起動するとこのような画面が開きます。水色の枠に囲まれたメニューは以下のようになっています。

  • WordPress Frontpage:WordPressがインストールされたページが立ち上がります
  • WordPress Admin:WordPressの管理画面のページが立ち上がります
  • Plugin Folder:WordPressにインストールする様々なプラグインが置かれるフォルダを開きます
  • Themes Folder:WordPressで使用する「テーマ」(画面テンプレート)が置かれるフォルダを開きます
  • MySQL Admin:WordPressを動かすためのデータベースを開きます
  • Documentation:マニュアルですが英語版のみのようです

「WordPress Frontpage」をクリックするとこんな感じで立ち上がります。

Instant WordPress

「WordPress Admin」はこんな感じです。ユーザー名「admin」、パスワード「password」でログインします。

Instant WordPress

まずはこの管理画面を触るところから始めるといいと思います。プラグインやテーマが古いのでバージョンアップからやってみるといいでしょう。とても簡単なので見た目と直感でできるんじゃないかと思います。実際に投稿や新たなプラグインやテーマのインストールなんかもやってみると使い勝手がわかってくると思います。

「MySQL Admin」はユーザー名「root」だけでログイン可能です。パスワードはいりません。

Instant WordPress

しかしMySQLをいじるようなことはそうそう無いと思いますので、初めて触る人はあまり気にしなくてもいいかもしれません。

これを入れたからと言ってブログの公開はできません

これはあくまでも自分のPC上での動作確認などに使うもので、これをインストールしたからってインターネットにブログを公開できるわけではないのでご注意ください。間違っても「俺ブログ始めたよ、アドレスはhttp://127.0.0.1:4001/wordpress/ だから」とか言わないようにしてくださいね(笑)。

この「Instant WordPress」でWordPressの使い方や挙動を確認して、自分に合っているなと思ったら是非ともサーバを借りて、ドメインを取得して、ブログを始めてみてください。ブログで好きなことについて書いていくうちにだんだんと読まれたり、ツイートしてもらったり、コメントをもらったりなどによって楽しさが増してくると思います。

WordPressの使い方について説明しているサイトもたくさんありますので、きっとあなたの助けになることでしょう。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。