他人の時間を大事にしないサラリーマンたち

こんにちは。

サラリーマンとして働いていて常々思っているのですが、サラリーマンって「他人の時間」を尊重しませんよね。人の時間を何だと思ってんだよという行動の人が多いです。

常に遅れてくる人

ダイヤモンドオンラインにもこんな記事がありました。

「会議に5分遅刻します」が組織を壊す本当の理由
いつも会議に遅れてくる人は、実は職場で信頼を失い、責任ある仕事は任せられなくなっているかもしれない。リベラルな人、保守的な人など主義の違いのほか、職種や社風...

この記事の冒頭にこんなことが書いてあります。以下抜粋

いつも会議に遅れてくる人がいる。会議の開始直前に電話をかけてきて「申し訳ありません。5分ほど遅れますが、どうぞ先に始めていてください」などと言う。8分後くらいに「すみませーん」とその人は会議室に入ってくる。とくに悪びれるふうでもない。

不測の事態で20分遅れる、あるいは、前の会議が異常に長引いて30分遅れる、というのではない。一応理由はある。「地下鉄が遅れて」、「車が渋滞して」、「出がけに電話がかかってきて」、「廊下で○○さんに呼び止められて」、「前のアポイントが伸びて」など。きっと本当のことだと思う。

これと同じ人、職場にもいます。いつも始業の5分ぐらい前に職場に「電車遅延で遅れます」とメールをよこして、始業の3分後ぐらいにきます。それが日常的に行われていて、口では「すみません」とは言うけど恐らく悪いとは思ってないでしょう。

僕は前にいちど言ってやったことがあります。「電車1本分早く家出りゃいいじゃん」と。「そうは思っているんですけどねぇ」なんて返事がきましたが、きっとそんなことは微塵も思っていないことでしょう。

この人が遅れるおかげで朝から始まる打ち合わせも始められない、そうこうしているうちに今度は他の人に電話がかかってきたりしてさらに開始が遅れる、そんなことはしょっちゅうあります。

他人の時間を無駄にする

他にもこんな人がいます。共同で仕事をしていてタスクを振り分けることがありますが、夜までに出さないとならない資料を準備していて、こちらはすでに出来上がっているものの、彼はその途中で別の人のタスクに手を出したりします。

その別の人のタスクも彼は関わっているので一概に何やってんのとは言えず、しかしこちらは彼の作る資料が必要なのです。こうなると僕が代わりに手を動かすことになるか、ひたすら待つかで終わりが予定より1時間も2時間も遅くなったりします。何のためにタスク振り分けてんじゃい!

また、打ち合わせを入れたにも関わらずずっと電話していて5分も10分も遅れてくる人とか、とにかく何かを定刻通りに始められないということが多々あります。これを会社の風土と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、まあ他人の時間を無駄にする人の多いこと。

イケハヤさんも言ってました

イケダハヤトさんもご自身のブログで仰ってました。

サラリーマンには「他人の時間の価値を軽く考えている人」が多い。 : まだ労働で消...
pskさんに、超共感。脱サラ&移住してから出会った人たちは、自営業の人たちばかりなので、みなさんほんとうに時間を大切にされてますよ。ムダにすればするだけ自分の資...

この記事にとても共感します。他人の時間の価値を大事にしない人が多いのは「時間給」で働いているからであり、長い時間働くことに価値を見出しているとしか思えません。だから日常的に労働時間が長くなるし、残業なんてものが無くならないのですよ。

すべてのサラリーマンがとは言いませんが、こういう人はとても多いし、極論を言ってしまうならそういう人はサラリーマンがお似合いだと思います。それで長い時間を働いても残業代が出るわけですからね。

それにしても・・・、イケハヤさんのブログにあるように「打ち合わせのための打ち合わせ」、あるよねぇ・・・勘弁してよホント。

日頃から他人の時間を無駄にするような人ってやはり信用できないですよね。できる限り関わりたくないけど、組織にいる以上はそういう人たちとも折り合いをつけなきゃならないのがサラリーマンなのです。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。