若い人たちに伝えたい「自分がどうなりたいか」を常に考えておくことを勧める理由

こんにちは。

最近はいろいろと後悔したくなるようなことが多くなりました。その多くはなぜ過去にこうしてこなかったんだろうといった類のものです。その中でも、ぜひ若い人たちに伝えておきたいと思うことのひとつがタイトルにある「自分がどうなりたいか」を考えることです。

考える癖をつけておく

正しくは「自分がどうなりたいか考える癖をつける」と言っておくべきでしょうか。今のあなたの状況、今のあなたの仕事、今のあなたの生活などを通じて、自分は将来どうなっていきたいのかを考えることを、普段からしておいたほうがいいです。

きっと多くの人はそうしているかもしれません、そして自分の将来を作っていくのかもしれません。だけど少なからず僕のように真剣に考えずになんとなく生きてきた人もいると思います。もしあなたが30代であるなら、今からでも遅くはないので少しずつでも考えることをお勧めします。

漠然と過ごしてしまった40代

僕は30代後半で今の仕事に就いて10年以上働いています。だけど特にITのスキルも磨くことなく目の前の仕事をこなしてきただけなので、IT業界にいても全然使えないし、今後転職しようにも50手前の何の得意分野もないおっさんを雇うような会社はないでしょう。

今後、妻とは地方で暮らそうと計画しているものの、じゃあその土地に行ったら僕は何をするのか、今はそのことばかり考えています。考えているのは、これまでに積み上げたものが大したものではないと感じているので、何も使えないだろうと思っているからです。もっと何かに打ち込んでメシが食えるだろうぐらいのものに育てるチャンスはいくらでもあったのに、気がついたらもう40代最後です。

全部自分のせい

それもこれも全部自分のせいです。常日頃自分はどうなりたいのか、どうやったら会社に通う人生からおさらばできるのか、そのためには何を身につけておけば良かったのか、今になって考えるのと、前からちゃんと考えておくのでは歴然の差なのは言うまでもありません。

もちろん今から考えれば良いことですが、考える癖をつけてこなかっただけに考え方が「しょぼい」し、頭の回転も鈍っているような気がします。

若い頃はバカにしていたのです、「何が自分はどうなりたいかだよ、なりたいものになるんだよ」なんて。それが10年以上経って後悔することになるのです。別に今のまま、年老いるまで満員電車に揺られて会社に通う人生であればそこでうまく立ち振る舞うようにしていけばいいだけですが、そんなつもりもないのですから。

だから若いあなたには将来後悔しないためにも、自分が将来どうなっていきたいかを定期的に考えておく癖をつけることを勧めるのです。1年に1回でもいいです、定期的に見直すことであなたの将来が良いものになることだと僕は信じます。

ダメな年寄りにならないためにも。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。