準急は喜多見には停まらない。小田急線2018年3月のダイヤ改正

小田急

こんにちは。

小田急線のダイヤ改正が発表されました。2018年の3月に実施されるそうですが、これが今までにないんじゃないかってぐらいいろいろ変えてきたなという印象なのです。

複々線化の影響ですね

2018年3月のダイヤ改正の大きな要因は、間違いなく「複々線化」でしょうね。現在、世田谷代田~登戸間では複々線化がされていますが、3月までには代々木上原~世田谷代田間の複々線化が完成します。小田急では今年の頭から1年も先の複々線化を大々的に謳ってました。そのぐらい力を入れている事業なんですよね。

この代々木上原~世田谷代田間の複々線化に伴いダイヤ改正が行われる予定ですが、こんな変化があるようです。

所要時間の短縮

例えば朝の通勤ラッシュ時、町田~新宿間は最大で12分短縮されます。

「通勤急行」と「通勤準急」の新設

通勤急行は小田急多摩センターから、通勤準急は本厚木から発車します。

乗り換え無しで都心まで

千代田線直通電車の増発や、多摩線から新宿へ直通する電車も登場します。

始発駅の増加

小田急多摩センター発の通勤急行が登場するほか、藤沢、海老名、向ヶ丘遊園、成城学園前を始発とする列車も増えるそうです。

ロマンスカーのスピードアップ

新宿~小田原間がついに60分を切るそうです(5分短縮して59分!)。

快速急行が登戸に停車

これまでは新宿から快速急行に乗った際、下北沢の次は新百合ヶ丘まで実に15駅を通過していたので、うっかり乗り間違えると成城学園前で降りたいのに遥か先へ連れて行かれるなんてことがあります。

ちょっと!準急どうなってるのさ!

さて、ここで拘っておきたいのは「準急」列車の停車駅です。新宿方面の準急の場合、本厚木~登戸の各駅に停車し、登戸からは成城学園前、経堂、下北沢、代々木上原、新宿という停車パターンでした。

これがダイヤ改正では、停車駅として狛江、祖師ヶ谷大蔵、千歳船橋が追加されるのです。つまりこういうことなのです。

登戸-(和泉多摩川)-狛江-(喜多見)-成城学園前-祖師谷大蔵-千歳船橋-経堂-(豪徳寺)-(梅ヶ丘)-(世田谷代田)-下北沢・・・

※カッコ()は通過駅

これまで、僕が住む東京都狛江市では小田急線は「各駅停車」しか停まりませんでした。それがなんと2018年3月から狛江駅に「準急」が停まるというじゃありませんか。これは事件ですよ。てっきり僕が狛江市民をやっている間は各駅しか停まらないと信じて疑わなかったのに。

それにしても何で狛江なんだ!喜多見を通過するとはなにごとだよ!そんな気分です。

まあ狛江駅はバスのターミナルもあるし利用者が何気に多いんですよね。喜多見駅を日常的に利用している僕にはまったく縁の無い話ですよ準急が停まるといっても。

混雑具合はどうなるのやら

以前、僕は小田急線が複々線化しても混雑ぶりは変わらないだろうと書きました。

小田急線が複々線化しても混雑は変わらないだろうけど・・・

複々線化の工事と並行して沿線の人口は増えていくだろうし、例えダイヤ改正して本数が増えたところで混雑ぶりは変わらないだろう、そう思っているのです。しかし2018年のダイヤ改正の内容を見ると、若干は期待しても良さそう、そんな気がするのです。劇的には変わらないだろうけど所要時間の短縮もあるし、鬱陶しい満員電車に乗る時間が減るならそれはそれでいいかなって思ったのです。

ダイヤ改正については小田急の情報で確認してください(PDFファイルです)。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。