タイムズのカーシェアを利用してみた

Times car share

こんにちは。

我が家では車を所有していないので、移動は主に電車やバスです。都内に住んでいる限りでは特に車が無くても問題ないと思っていますが、大きなものを買った際の持ち帰りや、荷物が多いという時は車があると便利だなと思うこともあります。

都内で車を持つのは大変ですね

通勤で車を使うというのであれば所有していてもいいですが、土日のたまの時間しか使わないのであれば車を所有するメリットはあまり見当たりません。駐車場代も高いし、税金もかかるし、維持していくのが大変だと思うのです。みなさんよっぽど稼いでいるのだなと思うわけですよ。

僕はあまり車に執着が無いので、車種を言われてもピンとこないのです。「ポルシェ」だとか「BMW」とか「ベンツ」って外国車の大ざっぱな名前は分かりますが、国産車はあまり名前を聞いてもわかりません。昔からあまり車種に興味がなくて、とりあえず移動手段として使えればいいやぐらいの感覚なのです。

レンタカーは使い方によっては不便

これまでは必要な時にレンタカーを借りていましたが、例えば荷物を運んだりするのに朝の数時間と夜の数時間だけ使いたいって時に、朝晩でそれぞれレンタカーを借りるという手もありますが、営業所によっては20時ぐらいで閉まってしまうところがあるので、それ以降の時間帯で3時間ぐらい使いたいとしても翌朝まで12時間借りるとかになってしまって、いまいち使い勝手が悪いんですよね。

もしかしたらレンタカーの効率的な借り方もあるのかもしれませんが、借りるたびに書類を記入したり、傷のチェックだったり、使い終わりは給油をするなどの手間もあって、短い時間を借りるのは面倒に思ったりします。

たどり着いたのがカーシェアです

そこで思いついたのがカーシェア。今回利用したのは駐車場でおなじみの「タイムズ」が展開しているカーシェアです。使いたい時に車が空いていればすぐに使えるのがカーシェアの特徴で、僕の家の近辺にはタイムズのカーシェアのステーションが多いので申し込むことにしました。

タイムズから乗るカーシェアリング!タイムズカープラス。必要な時に自由にクルマを使えます!

まず申し込みが簡単です。Webからの申し込みのあと、タイムズの店舗や無人カード発行機で会員カードを発行します。僕は渋谷のマークシティにある無人カード発行機へ赴いてカードを発行してもらいました。その際にオペレータと電話で話して名前などの確認を行います。

もうすぐ締め切り!:入会するなら今がお得です。2018年1月8日までに入会すればカード発行費(1,550円)と、2か月分の月会費(1,000円)が無料です。2018年1月8日までの申し込みなので、迷われている方は今のうちに。

借りるのもWebで予約できるし、急に車が必要となった場合でも予約した3分後には利用可能です。ちなみに料金ですが、「個人プラン」で「ベーシッククラス」という基本的なクラスの車であれば、15分間で206円です。この206円にはガソリン代と保険代も含まれているのです。

カーシェアのメリット

カーシェアを利用してみて発見したメリットがいくつかあったので挙げておきます。

  • 24時間いつでも、どのステーションからでも利用可能
  • 利用料金に「ガソリン代」と「保険料」が含まれている
  • 15分単位で借りることができる
  • 予約した時間の1分前までにキャンセルが可能でキャンセル代はかからない
  • 予約した時間よりも早く返却できたら利用した時間だけしか料金がかからない
  • 給油・洗車をした場合は利用時間15分がサービスされる(適用には条件あり)

割とメリットが多いような気がします。デメリットは今のところ思いつきませんが、車を使わなくても月会費として月に1,000円はかかります。また、当然のことですが車が空いてない時は他のステーションの空きを確認する必要があります。

なお、利用料金にガソリン代が含まれていると書きましたが、これは給油用のカードが車に備えつけてあって、それをガソリンスタンドで渡せば給油してもらえるようです。レンタカーのように返却時に満タンにしておかなくてもいいってのが個人的にはかなり気が楽です。

まだ1回しか使っていませんが、こういうシステムであれば車を使う機会がもしかして増えそうな気もします。また気がついたことがあったら書いていきます。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。