お金の無い時に助けられたタカモリの鍋焼きうどん

タカモリ鍋焼きうどん

こんにちは。

普通に仕事をして生活していれば、浪費が激しくない限りはお金に困るということは少ないと思いますが、浪費とは別に生活するだけのお金が無い時期というのが我が家にはありました。そんな時にとても助かった食べ物があったのです。

共に働いていましたが

いちばん辛かったのが2005年前後でした。なぜ辛かったのかはプロフィールを見てもらえれば少しだけ書いてありますが、どう辛かったかというと、お金を気にして食べていかないとならなかったことです。当時音楽のライヴのイベンター的なこともやりつつ、派遣で工場勤めをしていましたが収入は少なくて支出のほうが多かったこともあったので、昼はスーパーで買った安いカップラーメンとおにぎりひとつとかだったり、外食できても吉野家とかでした。

そんな中でとても助かったのが「タカモリ」の鍋焼きうどんでした。近所のスーパー「サミット」で100円で売っていたのです。これを2つと、3個入りのいなり寿司という組み合わせで妻と2人で夕食をとっていたことが多かったです。

タカモリの鍋焼きうどん

タカモリとは、熊本県にある「高森興産株式会社」が製造していた鍋焼きうどんで、うどんの麺と粉スープとかき揚げが入ったもので、これが100円という破格の値段で売られていたのです。値段が値段だけに作った感じはとてもチープに見えます。麺は崩れやすいし、かき揚げも安っぽいです。でもそれが妙にクセになりました。たしかきつねうどんもありましたが、我が家ではかき揚げが入ったえび天うどんの方が好きでした。

サミットから消えた

その後再就職して普通に食えていけるようになってからも、たまに食べたくなって買っていましたが、2010年前後だったか、サミットの店頭から鍋焼きうどんが消えてしまったのです。仕入れなくなっちゃったのかと思い残念な気持ちでした。しばらくして別のメーカーの鍋焼きうどんが同じく100円ぐらいで並ぶようになったのです。「五木」というメーカーのもので、それを買って食べてみましたがやはりタカモリのそれとは麺も味も違いました。

もうタカモリのうどんは食べられないのかなと思い、何気に高森興産をググってみたら驚くべき事実。高森興産株式会社は2010年には民事再生法を申請していたのです。そしてサミットにあった「五木」というメーカー、つまり「五木食品株式会社」に吸収されていたのです。

なるほど、だから親会社の鍋焼きうどんに代わっていたのかと納得しました。

味が変わった

いまも夕食を作るのが面倒な時にあのチープな感じの鍋焼きうどんを食べたくなって、先日もサミットで買ってきました。もちろんそれは五木のうどんであってタカモリのうどんではありません。しかしそれを食べて僕も妻もあることを思いました。

「かつて食べていた鍋焼きうどんに似ている」と。

かつて食べた鍋焼きうどんとは、もちろんタカモリのうどんのことです。麺の感じがそう思わせたし、味もかつてのものに変わったと思いました。

現在、高森興産は五木食品の100%出資により、食品製造事業を譲渡していますが、恐らくそのノウハウが五木食品の商品にも取り入れられているのではと我々は推測したのです。そうだとするとそれは歓迎すべき出来事、我が家の貧乏時代を支えてくれた味が復活しているなんて嬉しい気分です。パッケージもかつてのタカモリのそれに似ているし。

五木:鍋焼きえび天うどん

たかだか100円の鍋焼きうどんに何興奮してんだこのおっさんはと思うかもしれませんが、そんなことは別に構いません。お金が無くて最初は仕方なく食べていたあの味が、今では懐かしの味に変わっているのです。これは僕がどれだけここに書いてみても伝わるわけがありません。

でもいいのです、この記事は僕自身がこのことを忘れないために記録しているので。

タカモリのうどんも健在だった

この記事を書くにあたって、高森興産株式会社と五木食品株式会社のウェブサイトを見直していたところ、なんとタカモリの鍋焼きうどんも健在だということを知りました。無くなってしまったわけではないのですね。

これはビックリです、商品名こそかつての「天鍋うどん」から「えび天うどん」に変わっていますが、前者もえび天だったのできっと同じ商品だし、もっと言うなら五木食品の「えび天うどん」と同じものだと思います。これは買わないと!

僕は恐らく(もらえるかどうかも分からない)年金生活となった歳になっても、このうどんは食べると思います。五木食品も高森興産も東京からは遠い熊本県にある会社ですが、いつまでも鍋焼きうどんを製造して欲しいと思っています。他にもいろいろな麺類の商品があるようですが、どうもこれしか見たことがなくて、もしかしたら気がついていないだけかもしれないので、今後は商品棚をチェックしてみます。

これなんかちょっと食べてみたいですね、いっそのこと将来ちょっとしたカフェをやる際にナポリタンはこれにするとかね(笑)。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。