「引越し難民」にならないためにできることは

引越し

こんにちは。

引越しが終わってまだ数日なので、新居はまだ段ボール等で片付いていません。しかしそれまで住んでいた部屋からは予定通りに荷物をすべて運び出すことができました。これから4月にかけては入学や転勤等で引越しをする人も増えてくると思いますが、今年の引越し業界はちょっと大変なようですね。

この春は「引越し難民」が増えるとか

さすがに3月に引越しを考えている方はすでに引越し業者等の手配は済んでいるかと思いますが、もしまだの場合は急いだほうがいいし、もしかしたら時すでに遅しで3月に引越すのは無理かもしれません。すでにいくつかのニュースでも触れられていますが、3月から4月にかけて「引越し難民」が多くなるとの見通しです。

引っ越し難民、春に続出? 物流業の人手不足深刻 新生活スタートに思わぬ試練
「今春、大学に進学する息子の引っ越しの見積もりを業者に頼んだら『4月上旬まで対応できない』と言われた」。福岡市の男...

引越しのトラックを運転するドライバーの不足、そして荷物を運ぶアルバイトも不足していて、引越し業者も多くを受けられないというのが実情だそうです。

そりゃクロネコヤマトや佐川急便が好待遇になればみんなそっちへ行っちゃうし、アルバイトもきつい力仕事なんかよりは楽して稼げるほうがいいですからね。それに引越しの作業は時間どおりに終わらないことも多々あります。

引越し難民になんかならないためにも

この記事を書き始めて2日か3日かかっていますが、その間にも引越し難民についてのニュースがテレビやネットで増えてきています。引越し業者だけじゃなくてリサイクルショップも回収で忙しいようで、処分したいものを査定しにきてもらうための予約もなかなか取れませんでした。

そんな引越し難民にならないためにはどうしたらいいか、今回我が家の引越しの経験から、ありふれたことではありますがこんな風にすればいいんじゃねってことを以下に書いていきたいと思います。

1.運べるものは自分たちで運ぶ

もう当たり前ですがこれです。段ボールに詰めたモノや、小さめな家具などは自分たちで運んでしまいましょう。車が無いのであればカーシェアやレンタカーを利用します。

もちろん運ぶにはそれなりに体力が必要です。僕はCDや本の入った段ボールだけでも20箱ぐらいを3階まで運んでいました。他にも日用品やら衣服やら様々なモノを箱に入れて運びました。

2.大きなものは業者に頼む

家具などで大き目なモノだけは業者に頼んだ方がいいと考えます。理由は素人が大きな家具を運ぶと階段や通路にぶつけたり曲がれれなかったりということがあったり、部屋に入れる際も壁に傷つけちゃう恐れがあるからです。

その点業者に任せれば壁や通路も養生してくれたり、家具自体にカバーを付けて痛まないように運んでくれます。傷なんてつけないよという自信がある方以外は多少お金をかけてもそのほうが良いでしょう。

例えば僕は洋服ダンスをヤマトホームコンビニエンスの「家財宅急便」でお願いしました。ただこれもこれからは繁忙期となるでしょうから、早めに依頼しておくことが重要です。

3.処分したいものは市町村の粗大ごみで

引越し先には持っていかない、不要なものもたくさん出てくると思います。普通のゴミで出せるものはともかく、粗大ごみとして処分しなくてはならないものは市町村の粗大ごみ回収に頼むのが格安です。

市町村によって異なりますが、高くても一つ1000円とか2000円以内で処分できるだろうし、これを回収業者に頼むと倍ぐらいはかかるようです。ただ、粗大ごみの依頼は市町村の役所に連絡をしますが、回収する日が決まっていることが多いので、これも事前に問い合わせておくことをオススメします。

処分したいものの中には、書棚やタンスといった普通の粗大ごみもあれば、冷蔵庫やクーラーといった「リサイクル家電」もあると思います。また、中にはリサイクルショップに引き取ってもらおうと考える方もいると思います。この辺については我が家もいろいろあったので、改めて書きます。

4.計画的に動きましょう

やはり最も大事なのはこれです。まあ行き当たりばったりで引越しをする人はいないと思いますが、特に自分で荷物を運ぶ場合はどのぐらいの期間でどう運ぶかとか、業者に来てもらうとかモノを処分するとか、いろいろ考えなくてはいけませんので、おおよその計画は立てた方がいいです。

我が家では2月10日に部屋を契約して鍵をもらい、そこから土日を使って運んでいくことを考えました。運ぶのに使った日は2月の10日、11日、12日、17日、18日、23日、24日、25日の8日間、12日の週にヤマトホームコンビニエンスへ運搬の依頼や粗大ごみの申し込み、J:COMも契約していたので機器の撤去(と新居への設置)などを調整し、23日からの3日間でこれらの業者にきてもらいました。

計画と言っても綿密に練る必要はなく、このぐらいの日数で運び終わって、いつ頃業者を頼むなどを描いておけばいいと思います。もちろん想定外のことも発生しますが、それも見越して考えておけば自分たちだけで引越しを終わらせることは十分可能です。

これから4月にかけて引越しを考えている方、可能な限り難民にならないよう動けるといいですね。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。