ブログの記事を無理やり長くする必要ってある?

こんにちは。

ブログを書いている人なら何度も目にしているかもしれません、「1つの記事は3000文字以上書け」みたいなアドバイス。ブログを書かない人にとってはへーそうなのと思うぐらいかなと思っていましたが、自分が読み手となった際に気づきました。長けりゃいいってもんじゃないと。

あるブログの記事を読んで思ったこと

最近、山に関するあるブログ記事を2つほど読みました。その時に感じたのが「文章が長い!」だったのです。長すぎて肝心の内容が全く入ってきません。

というのも、どちらも本題に入るまでが長かったのです。記事のタイトルに釣られて読み始めたものの、タイトルで謳っている話になかなかたどり着かないのです。メインはある山のハイキングコースのことのはずなのに、麓の施設の情報や割引を受ける方法みたいな話が前フリとなっていたり、もう一つの記事もあるアプリの紹介記事のはずが先に使い方やアプリを使わない他の手段についての説明を長々と書いていて、本題に行く前に飽きが先にきてしまいました。

無理に引き延ばす必要なくね?

凄いブロガーさんたちが、初心者ブロガーや僕のような弱小ブログを運営している人たちに向け「ブログ記事は2000文字~3000文字書け」と仰います。その理由としてSEOに有利とか、オリジナリティが出るとか、豊富なコンテンツだと拡散されやすい等があります。

僕もできるだけ内容を豊富にと頑張った時期もありましたが、書いている自分自身が飽きてしまうので今ではあまりそういう部分に拘らずに言いたいことだけを書こうと決めました。

先に挙げた2つのブログ記事は、前フリとなっている文章が本題にスムーズに繋がるものならともかく、どう読んでみても不要な情報だったり、記事分けた方がいいんじゃないかと思うようなものだったのです。無理して3000文字まで記事を引き延ばしている感が鬱陶しいと感じました。他の人が読めばそんなことない、すべて有益で素晴らしい記事だと思うのかもしれませんが、僕はそうは思わなかったのです。

散漫な内容になることで不要な記事と判断されることほどもったいないことはありません。他人の記事をあれこれ言えるような立場ではありませんが、部分部分を見れば素晴らしい内容なのにもったいないなと思ったのも事実です。

言いたいこと以外は書かない

いくら興味があることでも、長々と書かれて、その導入部分に興味が持てなかったらせっかくの記事も最後まで読まれません。そう思ったので僕は無理に長く書くことは止めます。言いたいことだけまとめたらそれでおしまいです。

もしかしてこの記事だって、読む人によっては回りくどいかもしれません。要は読み手の感じ方次第ですが、冗長と思われないようにしたいなと改めて思った次第です。

これでも「3行でまとめろ」と思われる可能性だってありますからね。

じゃあ3行で。
「文章が無駄に長い!
3000文字まで無理やり書かなくていいから。
言いたいことだけ書けばよくね?」

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。