軽井沢「中山のジャム」のオレンジマーマレードが美味しい

ジャム

こんにちは。

軽井沢に出かけた際に、自分用のお土産としてジャムを購入しました。その中でも特に美味しかった「中山のジャム」の商品を紹介します。

ジャムを販売する店が多い軽井沢

軽井沢を歩いていると、ジャムの専門店を多く見かけました。さらには専門店以外でもジャムを取り扱ってる店があって、ジャムは軽井沢町の特産品のようです。メディアによっては軽井沢を日本における「ジャム発祥の地」と紹介しているところもあります。

その根拠となるものはちょっとググった限りでは見つかりませんでしたが、日本で最初にジャムを作ったのは明治13年(1880年)に長野県の北佐久郡との記述を見つけました(参照元:レファレンス協同データベース)。軽井沢は北佐久郡に入るので、もしかするとこれが発祥なのかもしれません。

なので旧軽井沢銀座はもちろんのこと、軽井沢駅前やハルニレテラスに入っているお店でもジャムは必ずといっていいほど見かけました。

中山のジャム

そんな中、僕らは旧軽井沢銀座に行った際に「中山のジャム」に立ち寄りました。ここは創業が明治38年(1905年)というので、100年以上の歴史のある老舗です。軽井沢でジャムと言ったら真っ先に出てくる店のひとつですね。

店内はジャムだけでなくちょっとしたお土産物も販売していました。そんな中でいくつかジャムを購入したのですが、そのうちの2種類が上記写真にあります。中央の「オレンジマーマレード」と右側の「巨峰ぶどう」です。左側のは別の場所で購入したものでした。

その中でも「オレンジマーマレード」がとても美味しかったです。僕は実を言うとマーマレード系はそれほど好きではなかったのです。マーマレードとは柑橘類を加工したもので、果皮も入っているんですよね。この果皮の持つ苦みが好きではなくて進んで食べることはありませんでした。

ところが中山のジャムで購入したオレンジマーマレードは果皮が入っているのに苦みはなく、ジャムの甘みを邪魔することがないという素晴らしい商品でした。ついジャムだけ舐めたくなってしまいます。お店のサイトの商品説明では「甘酸味が良く、淡い苦味を伴った爽やかな味覚」とありますが、その説明文の通りだと思います。むしろ苦みは無いと言いたいぐらい(ですが、僕の下がバカかもしれません)です。

もし同じような理由でマーマレードを避けている人がいたら、是非この商品を試してみて欲しいです。甘さも程よい感じでとても良いです。ちなみに「巨峰ぶどう」はぶどうの味が濃くてこれも良かったです。このお店でもっと他のジャムも買えばよかったと思いましたが、我が家ではそうそう毎日使うものではないので、このぐらいの量がちょうどいいのかもしれません。

軽井沢に行くようなことがあれば、ジャムはぜひ「中山のジャム」に立ち寄ってみて下さい。お店のサイトもあるので貼っておきます。

旧軽井沢銀座 中山のジャムです。避暑地・軽井沢の心地良さ、爽やかさをジャムに託して皆様にお届けいたします。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。