我が家の不用品がオリンピックのメダルに変わる

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

こんにちは。

ちょっと用があって川崎市のサイトを見ていたら、2020年の東京オリンピックでのメダルを作るための金属類回収についてのページに目が行ったので、我が家も何か協力できないかと考えてみました。

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」

これは「東京2020組織委員会」によるプロジェクトで、オリンピックでは約5000個のメダルを必要とし、これを不要な家電や電子機器をリサイクルすることで金、銀、銅を捻出しようという試みです。環境省から全国の自治体に呼び掛けをおこなっているようで、川崎市のサイトにもそのことが載っていたということです。

こちらが「みんなのメダルプロジェクト」のサイトです。

「都市鉱山から作る!みんなのメダルプロジェクト」は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の約5000個の金・銀・銅メダルを全国各地から集めた小型家電・リ...

回収対象となっているものは、小型家電で例えば携帯、電話やスマートフォン、電子辞書、携帯音楽プレーヤー、電卓、ACアダプタ等で、長辺と幅が30㎝未満のものらしいです。

我が家で提供できるもの

我が家では何か提供できるものがあるか・・・と考えた時に、2月の引越しのどさくさに紛れていろいろ捨ててしまいました。もっと早くこのプロジェクトが始まっていれば協力できたのにと思ったのですが、僕個人の持ち物にありました。

ガラケー

そうです、ガラケーです。なぜかかつて使っていた歴代のガラケーをまだ持っていました。もう10年以上前の遺物なのに。ついでにiPhoneの3GSも。見てのとおり、ガラスがバリバリです。

ガラケーはメルカリにだそうかと考えていましたが、メルカリを見てもことごとく売れていないようなので、やっぱりこれはゴミだなと思っていたところだったのでちょうどいいやと思いました。

話は逸れますが、iPhone 3GSを久々に取り出したらこんなことになっていました。

ハマグリ状態のiPhone 3GS

「ハマグリ」状態ってやつですね。リチウム電池が劣化してしまい、破裂(爆発?)する前に自ら膨らむ現象だそうです。何ヶ月か前に見たときは何ともなかったので、最近起こったようです。発火とかしなくて良かった。

オリンピックについてネガティブな意見が多すぎる

Twitterなんかを見ていると、東京オリンピックについてはネガティブな意見ばかり見ます。

ボランティアについては僕も思うことはあるけど、オリンピックについては否定することは無いです。

この夏の猛暑で「こんな時期にやるのはいかがなものか」的な声も多いけど、どうせ始まったらみなさん「がんばれ日本」とか金メダル獲ったとか言い出すんでしょ?と思うのです。

最近だってこんな暑い中やる高校野球はなんちゃらって、大会が始まる前には騒いでましたけど、いつのまにか「金足農業すげえ」に変わってたし、ちょっと前もワールドカップの日本代表が発表された時にも批判めいた言葉が多かったのに、「ベルギー戦感動した」とか言ってたし。

2020年もそうなりますよきっと。文句なんて誰だって言えるんだから、今のうちに好きなだけ言っときゃいいんじゃないですかね。

それはともかく、小型家電もモノによっては粗大ゴミで有料となるものがあるところを、このプロジェクトをうまく使えば無料で処分することも可能なので、区市町村の役所に回収ボックスを活用してみてはどうでしょうか?

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。