SNSはもはや必要なくなってきた

こんにちは。

最近思います、TwitterとかFacebookとか、SNSなんて無くてもいいんじゃないかと。えーっと、つまり僕には必要ないんじゃないかと思うのです。そう考えるわけを書いていこうと思いますが、Facebookはやっていないので、SNSと言いつつもTwitterのことになります。

うまく使えてない

もともとこのブログと連動させるためにTwitterを始めたのですが、めんどくさがりな僕はあまり活用できていないように思えます。他のブログを書いている人たちを見ると、書き手同士で繋がってうまくコミュニケーションをすることで記事を拡散してもらったり、いいねをもらったりして、いい効果を上げているように見えます。

一方で僕はあまり絡むようなことをしていないのと、そもそもそういう目的でTwitterをやるのが苦痛でしょうがないのです。だから呟く数は圧倒的に少ないし、最近ではタイムラインを見るのも面倒になってきました。

こんな感じなので結果的には記事を書いてせっかくTwitterと連動しても、Twitterから見に来る人なんて皆無に等しいです。ほぼ検索流入でブログを見てもらっている状態です。何かのキーワードで検索して目に留まった僕の記事を読んでもらえるだけでも十分のような気がします、アクセス数は多くはないけど。

Twitterでウンザリすること

そもそも最近のTwitterにはウンザリすることが多く、ストレスでしかありません。ネトウヨだのパヨクだの、芸能人はおろか一般の人が何か言ったりやったりしたことが炎上したり、そういうのをしょっちゅう見ます。

なんでみんなそんなに他人のことについて干渉したがるのか、それが謎で仕方ありません。もうちょっと寛容になれないんですかね?

僕もかつてはバイト先でアイスケースに入ったなんて写真を見ると「けしからん」なんて思い、Twitterで「クビになっちまえよ」なんて言ってはいましたが、今はもうそんなことはどうでもよくなりました。いまそういうのを見ても「ハハ、しょうもねえな」って思うだけで、いちいちSNSで何かを言ったりしません。そういうことを言うほうが「しょうもない」と思うからです。

決定的な出来事

こんな風に思い始めてきた僕に追い打ちをかけることがありまして、それは安倍総理大臣が「背後(はいご)」を「せご」と読んだとかで、そのことについて良い歳したおっさんたちが揚げ足取りのように何か言ってるわけです。「こんなのが日本のリーダーなのか」とかそんなようなことを。

それをタレントや映画評論家やジャーナリストで、「一応」名の通った人たちが嬉々としてツイートしてたのを他人のリツイートで見たのです。もういっかい言わせてくださいね、良い歳したおっさんたちが嬉々としてツイートしてたんですよ。誰とは言いませんけど。

あなたの知り合い、親戚でも上司でも、かつて関わった人たちでもいいですが、彼らが誰かの揚げ足をとるようなツイートや炎上に加担したりしているのを見たらどう思いますか?1歩間違えれば僕らも若い人たちから軽蔑の目で見られるようなことを言いかねないのです。

Twitterは憂さ晴らしで普段言えないことに使えばいいじゃんと言ってくれた人もいますが、別にそんなことを言ったところで何のストレスが解消されるんですかね?不快なものを見たり、言い足りないと感じてどんどん過激になったりしてかえってストレスが増すんじゃないですかね?

そういうのを見てきて、もうTwitterはいいやと思ったのです。僕はもっと穏やかに生きたいのです。

そんなわけで、僕のTwitterアカウントはいつ無くなってもおかしくない段階にあります。

それではまた!

このブログを書いている人はこんな人

こうりん
中年です。サラリーマンやってます。
東京オリンピックまでには東京を脱出します。